寒さ対策!

シェアする

こんにちは!

この週末は暖かいですね♪♪嬉しくなります。

でも朝晩の気温の差が大きいので、みなさんお体にはお気をつけ下さいねあせる

 

 

これからどんどん寒くなるので、

今日は冷え性な私の(((´・ω・`)))ブルブル

寒さ対策をご紹介します!!



クローバーハウス Staff Blog-20111113_104327.jpg

左…ベルガモットの香りのアロマオイルです。

ベルガモットはアールグレイの紅茶の香り付けにも使われるそうです。

リフレッシュ効果が高く、冷え性にも!!効果があるようです。大好きな香りです。

右…ラベンダーの香りのバスパウダーです。

ラベンダーの香りにはリラックス効果&安眠作用があるので、夜のお風呂タイムには最適です。

お風呂の温度は、平熱+4℃が温まる&疲れが取れて良いらしいですよクローバー


クローバーハウス Staff Blog-FxCam_1321107489798.jpg

私の生姜シリーズです!

生姜は温め効果が高いことで有名ですよね。最近はたくさん生姜入りの食品が発売されていますね~。

(左から)生姜シロップ・生姜のど飴・ハニージンジャー味のミンティア(!!)・アップル&ジンジャーのハーブティです。

特におすすめは生姜シロップで、そのままお湯で割って飲むのはもちろん、料理の際に調味料として使っても良しです!私はホットミルクで割って飲むのが好きです。温まりますよードキドキ

体を温めてくれる食品は、生姜の他にもたくさんあります。

東洋医学の考え方では、食品には陰性のものと陽性のものがあり、体を温めるには陽性のものを食べたらいいそうです。(陰性の食品は体を冷やしてしまうようです)

陽性の食品の見分け方の一つとして、

①しまっているか、しまっていないか

例として、同じ麺類でもパスタは固くしまっているため陽性で、うどんは水分が多くしまっていないため陰性です。

白くてふわふわしたもの(白米・パン)などは陰性なようです。

②塩気の効いたもの

お漬物・味噌など塩気の強いものは陽性になるようです。

体を温める食品の一例↓

 

唐辛子・胡椒・シナモンなどのスパイス

片栗粉・葛粉・山芋などとろみのある食材

根菜・ネギ

魚・肉(肉なら脂肪分の少ない赤身の牛肉・ラム肉など。鶏肉は温め効果が高い食材とされるようです)

積極的に摂取したいものですねパー

私もしっかり寒さ対策をして、これからの季節を乗り切ろうと思います!グッド!(`・ω・´)キラキラ

いいね!お願いします!
この記事をお届けした
クローバーハウススタッフブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする