住設機器の祭典・大松フェア2018に行ってきました!

シェアする

クローバーハウスの「中の人」 細見です。

いつもお世話になっている方から「大松フェア」というイベントのチケットをいただき、2018年4月6日(金)に行ってきました。

「大松フェア」はリクシル・パナソニック・クリナップなど超有名な住設機器メーカーがたくさん集まる展示会です。

新商品やメーカー一押し商品が展示されるため、勉強がてら行ってきました。

たくさんのメーカーが出展していましたが、
なんとか写真を撮ることができた3社の商品をご紹介したいと思います。

クリナップ

最初に訪れたのがクリナップブース。

入り口から入ると1番目に目に入るブースです。

クリナップさんはシステムキッチンのCENTRO(セントロ)を推していました。

システムキッチン CENTRO(セントロ)

セントロはクリナップのキッチンの中で最上級にあたるシステムキッチンです。

キッチンの扉は01クラスのグレードでかなり高級感がありました。
(※数字が小さくなるほど高級になります)

写真ではなかなか実物の良さは表現できないんですね。

ぜひ、ショールームで実物を見ていただくと良いと思います。

クリナップはステンレスに強い会社です。

展示場では「汚れに強いステンレス」を強調していました。

油性マーカーで書いたあと、水に濡らして拭くとマーカーが消えるのです。

拭いた後は、こんな感じですね。

キッチンは油によって汚れてしまうことが多いですが、その油汚れをつきにくくするので、普段のお掃除が楽になりますね。

そしてこちらが最高級の「00クラス」のキッチン扉です。

11層の重ね塗りを経て完成する、工芸品のようなキッチン扉です。

京友禅の技法「たたき染め」をモチーフにした上質なデザインだそうですよ。

展示場では、この扉のキッチンは展示されていなかったのですが、
いただいたカタログに施工イメージが載っていました。

和室とのコラボレーションがうまく活かされそうなキッチンですね。

担当者にお聞きすると、キッチンとしてでなく「インテリア」として使われる方が多いそうです。

なお、まさに工芸品なので、納期が1ヶ月強かかるそうです。

手間暇かかって作られているんですね~。

システムキッチン CENTRO(セントロ) について詳細はこちら(メーカーホームページ)>>

リクシル

次に訪れたのが、リクシルのブース。

最初に目が引いたのは、サイン付きトイレです!

リクシルのCMで出演されている「ピエール瀧さん(左上)」「山下智久さん(右上)」「広瀬アリスさん(下)」のサインが書かれています。

リクシルは超大手なので様々な商品が展示されていました。

その中で沢山の人が集まっていたのが、システムバスルームです。

戸建・マンション用システムバスルーム SPAGE(スパージュ)

バスルームは女性向け・男性向けはやはりあるようで、
女性に好まれそうな色、男性に好まれそうな色の2パターンを展示していました。


↑こちらが女性向け


↑こちらが男性向け

キッチンの主導権を決めるのはやはり奥さんだと思うのですが、
バスルームもやはり奥さんのほうが主導権得そうですね。

システムバスルーム_SPAGE について詳細はこちら(メーカーホームページ)>>

パナソニック

パナソニックはブースもかなり広く、たくさんの来場者が訪れていました。

企業の研修で来ていると思われる新入社員の方々も
担当者の説明を聞きながら、一生懸命メモを取っていましたよ。

パナソニックブースで一番人気があったのは
システムキッチンLクラスでしたね。

Lクラス キッチン ラウンドアクセス ガラステーブルプラン

展示されていたのが、Lクラスキッチンの「ラウンドアクセス ガラステーブルプラン」。

3方向どこからでも使いやすい形状のシンクが特徴の「ラウンドアクセスシンク」
と高級感あふれるガラステーブルのキッチンです。

参考 ラウンドアクセスシンク

とにかく高級感があって、ホームパーティーで使われそうな高級キッチンですね。

でも、お値段も高級感あふれます。

展示されていたプランでの希望小売価格は約457万円!!

Lクラス キッチン ラウンドアクセス ガラステーブルプラン について詳細はこちら(メーカーホームページ)>>

あいにくの雨でしたが、たくさんの方が来場されており、
ゆっくり見て歩くことができなかったのですが、
人混みの中で商品をたくさん撮ってきました。

ゆっくり見るにはやはりメーカーのショールームのほうが良さげですが、
なかなか各メーカーのショールームに行くのは時間がかかりますよね。

短時間で色々な情報が手に入るこういったイベントは大変ありがたいですね。

粗品もいただきました!

大松フェアでは粗品も頂きました。

その粗品は・・・

レンジ用のラップです!

しかも、200メートル+12メートル!!

これで一応「家庭用」となっています。

これさえあれば1年間は使えそうですね~。

大松フェアは毎年4月上旬に開催されています。

基本「招待制」なので、担当者からチケットがないと行けないのですが、
チケットを手に入れることができた場合は、ぜひチェックしてくださいね。

いいね!お願いします!
この記事をお届けした
クローバーハウススタッフブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする