省エネ建材を用いたリフォームに大型補助金制度がスタートしました。

シェアする

経産省による事業で、「次世代省エネ建材支援事業」が2018年度からスタートしました。

高性能断熱建材や蓄熱、調湿等の付加価値を有する登録された省エネ建材を用いた住宅断熱リフォームに対し、最大200万円の補助金が交付される大型支援事業です。

以下はLIXILのチラシから。




戸建住宅は最大200万円集合住宅は最大125万円補助金が受けられます。

詳しくはLIXILのホームページにてご確認ください。

LIXILの商品の場合、断熱パネルに「ココエコ」が必須施工になっており、必須製品に追加して認められる商品に「玄関ドア」「窓・窓ガラス」「調湿建材」のエコカラットなどが補助対象になっています。

一次公募は終了しましたが、二次公募が2018年8月1日から9月14日に受付されることが一般社団法人 環境共創イニシアチブのホームページにてアナウンスされました。
https://sii.or.jp/meti_material30/overview.html#second

また、二次公募は先着順となるため、お早めの申請をオススメいたします。

次世代省エネ建材支援事業についての詳細は一般社団法人 環境共創イニシアチブのホームページをご確認ください。
https://sii.or.jp/meti_material30/

LIXIL商品は、当店でも取扱がございます。詳細は当店「クローバーハウス」までお問い合わせくださいませ。

いいね!お願いします!
この記事をお届けした
クローバーハウススタッフブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする