ピアノ設置で床補強をしました。

シェアする

皆さまこんばんは

クローバーハウス 町です。

本日も最近の施工事例をご紹介します。

先日、ご近所のお客様宅で、リビングにグランドピアノを

設置するために床の補強工事を行いました。

300kgあるグランドピアノです。

床補強において通常ピアノを設置する範囲の床を全て捲って

根太を細かくいれて補強をおこないますが、

今回は、床の仕上げをそのままで、床下で大引きを増やして、

鋼製束で補強を行いました。

鋼製束は城東テクノの『YTB束(ターンバックル式)』を使用しました。

大引きを受けるところにゴムが貼ってありますので、振動も吸収できますし、

ターンバック式なので、床下の高さに応じて調整し、取付けが可能です。

この施工方法だと床の仕上げ材は全く触ることなく、床下だけの工事で

補強ができます。

但し、職人さんは大変な思いをしてました。ご苦労様でした。

ピアノ設置のための床補強をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ご自宅にあった補強方法を提案いたします。

いいね!お願いします!
この記事をお届けした
クローバーハウススタッフブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする